無休の知ったかぶり

適当人間無休が頑張れる限り、大学受験や高校数学について有益かどうかも分からないことをまき散らします。

高校数学の勉強法①

数学が苦手という高1生に、高校数学の中学数学と大きく異なる部分を訪ねると

 

①覚えること(公式や定義など)が多い

②答えよりもそれを求める過程(答案)が重視される

③進度が早い

 

と言われることが多いです。

これは事実で、そのため、元から数学が苦手な生徒はもちろん、

「数学は答えがバシッとでるし、ゲームみたいで楽しい!」

という生徒でさえ、苦手もしくは数学嫌いになってしまうことも多いようです。

 

数学に限らず、あらゆる勉強において大事なことは

「その学習内容を身に着けるのに適した勉強の仕方を知り、実践すること」

です。

塾や予備校で指導してきて

「数学に適した学習法を知らず、ただ時間だけかけている生徒が多い。」

と感じることがあります。

 

ブログ開設第1弾として、まずはこの、

「高校数学に適した勉強法」

を、数回に分けて、根拠も織り交ぜつつ説明していきたいと思います。