無休の知ったかぶり

適当人間無休が頑張れる限り、大学受験や高校数学について有益かどうかも分からないことをまき散らします。

高校数学の勉強法②

まず最初にことわっておきますが、この「数学の勉強法シリーズ」では高校数学、大学受験数学についての勉強法を私なりの受験と指導経験を元にまとめていきます。

そのため、大学以降の数学とは数学の捉え方も勉強法も異なります。

(大学以降に勉強する数学と高校までも数学は全くの別物ですので。)

 

さて、前置きが長くなりましたが、数学の勉強法を説明するために, まず数学(高校数学)の問題を解くために一番必要な力とは何かを考えてみましょう。

 

数学が苦手という人に、

「どうしたらそんな解法が閃くんですか?」

「数学で閃くような頭の良さが欲しい(泣)」

と言ってこられることがよくあります。

確かに数学の問題を解く一番大事なものは閃きです。

しかし、簡単に一言で閃き』とは言ってしまいましたが、この閃き』とはどんなものなのでしょう?

 

それは、中学校や小学校の模試やテストなど、なんでもいいので、「閃いた!」という実体験を思い出してもらえるとわかると思います。例えば、図形問題で

「あ、この問題はテスト勉強でやったあの問題と似てるぞ!

確か面積が同じになるようにここから補助線をひいて、ここの面積を求めて…

やっぱりできた!」

というようなときに「閃いた!」

と感じるのではないでしょうか?

 

つまり、この閃きとは、何もない状態から新たな創造をしたり、大発明をするほどの高度な閃きではありません。

「以前に同様の知識を使う場面を体験していた」ということが土台になった閃き、つまり、「知っている」ことの中から、解決に必要な知識を「選択」できたというだけなのです。

 

とかく知識よりもその場での頭の回転や知恵の部分が必要に思われがちな数学ですが、実をいうと、知識面のほうが重要なのです。

そして、面白いというか、不思議というか、数学が苦手な人ほど、覚えなくてはならないことは覚えずに問題を解こうとして、当然ながらそれでは解けず、その結果

「自分の頭では到底理解できない科目」

「数学は頭のいい人間のやるもの」

という更なる誤解をしていく傾向にあるように思います。

 

閃くためにはまずその土台となる知識が必要であり、また、過去に同様な問題に取り組んだ経験が必要なのです。