無休の知ったかぶり

適当人間無休が頑張れる限り、大学受験や高校数学について有益かどうかも分からないことをまき散らします。

センター数学の解法

センター数学の最大の特徴は、穴埋め式になっていることですが、それは

「出題者がすでに解法や解答方針を決めていて、それに合わせなくてはならない」

ということです。

 

難易度の高い記述の問題では様々な切り口や解法があり、それを楽しむこともできますが、センターでは基本的にそういうことは一切求められておらず、ある意味読解力が最も重要となります。

そのため、私はセンター数学で注目すべきは『接続詞』とくに

「よって」、「・・・であるから」

といった言葉であると授業で常々言っています。

これらの言葉は、直前の内容が根拠であることを示すので、必ず後の内容のヒントとなっているはずだからです。

 

センター試験は教科書の内容を超えないようにするとは言っているものの、特に数学ⅡBなどは、教科書の範囲を超えないならばいくらでも複雑にしてもいいと思っているかのような、時間と両の問題が出題されます。

そのため、教科書レベルの知識や計算力はもちろんですが、それ以上に、

「作問者は何をさせたいのか」

「なぜここでこんなものを求めさせるのか」

などの出題者の意図をくみ取る力が重要になります。

とかく早く解かなくてはとはやる気持ちから、文章は読み飛ばしがちですが、しっかり読んで流れに乗れるようになれば高得点も難しくないです!